リョウガのページ

小さな嬉しいことを発見する、今話題のことを思う

根強いトランプ支持者に見る恐るべきプアー高齢者

 

日本の総人口が1億人を突破したのは1966年。

その後も人口は増加を続けましたが、2008年の1億2809万人をピークに減少に転じました。

高齢社会白書ひ2055年に再び1億人を割り9744万人になると予想しています。

同じ1億人の人口といっても、その時点の人口構成、高齢化には大きな違いがあります。

1966年当時の65歳以上の高齢者の割合は7%ほどだったが、2055年には38%まで上昇するとみられています。労働生産性、医療費、社会保障費など直接的な問題だけでなく、様々な課題が浮き上がってきます。

高齢者の「貧困率が高い国」 | 雨のち晴れの記

 

例えば、格差。2015年に時点で、高齢者3400万人のうち、約20%が金融資産1000万円以下・年金と所得の合計200万円以下の下流老人です。一方、金融資産5000万円以上・年金と所得の合計1400万円以上の金持ち老人は約15%。高齢者のふところ具合は二極化していました。

残りが中間層ですが、高齢者のうち収入が年金だけと言う人は約半分を占めます。こうした年金生活者が病気や事故によって一気に下流老人へと転落するという懸念は年々強まっています。中間層であっても、貧困社会という土俵下に落ちまいと必死に俵に足を掛けているのが現在。この貧困の先に待ち受けるのは、おそらく大衆の怒りでしょう。

米国ではドナルド・トランプ氏が再び復権に向けて政治活動を開始しました。共和党員として2016年大統領選に出馬して、まさかの大統領就任。アメリカ第一主義を掲げ、極端な発言で世界を様々な混乱に巻き込みました。米メディアはほぼ反トランプ一色に染まっていましたが、7000万人ともいわれるその岩盤支持層の中心は白人労働者でした。

2014年の米国の貧困率の統計をみると、4人家族で年収260万円以下の家庭の割合は14.8%でした。2000年の11.3%から貧困率は上昇を続けています。

米国は黒人の貧困率が高いものの、白人も2000年の9.5%から12.7%に増加してきました。プアー・ホワイトはそれまで政治家を「きれいごとを言うだけの人たち」と選挙で一蹴しました。貧しい白人社会のいらだちが、トランプ政権を生んだともいえます。

さて2055年の日本。

高齢者が人口の4割近くを占め、かつ貧困老人がさらに増加していけば、プアー・ホワイトならぬ プアー高齢者 が大きな選挙パワーを持つことにまるでしょう。資産は不平等でも、民主主義であるかぎり、投票による権力配分では多数を握る。しかも、英国の欧州連合離脱(ブクレジット)では若者の反対に対し、高齢者が賛成に回ったという実績もありました。高齢者は昔の栄光を忘れられないだけに意外にラジカルです。

トランプ支持者が極右勢力だけではなかったように、似たようなトランプ現象が日本でも起こらないとは言い切れませんね。・・・

デュアルモードの経営とは何でしょう・・・

今年の梅雨は晴れの日が多いですが、今日は朝からドシャ降りでびしょぬれになりました。

やはりこの季節は傘が手放せないですね。

傘を持っていないと、いさ雨が降った時、さす傘がない。

昔、経営の神様と言われた松下幸之助が企業経営のコツを尋ねられると

「雨が降ったらどうします。準備していた傘をさすでしょう。それが経営のコツです」って・・・

企業の経営者はいつ、どのような経営変化に直面しても、すぐ対応できるよう常日頃から備えておことが大切というわけです。

今、企業はコロナ禍にあって非常に厳しい環境に直面していますが、やがてパンデミックが収束し、ウイズコロナの時代を迎えたとき、企業はどのように対処すればいいのでしょうか。危機管理が専門のある大学教授は備えとしてデュアモードの経営を考えておかなければならないといいます。Amazon | Elec Kingdom Bluetooth 5.1マウス 2.4G USBワイヤレスマウス ...

デュアルモードとは複式や2重方式のこと。

例えば、新型コロナウイルスの感染拡大で、店内での飲食が制限され、デリバリーやテイクアウトなどにシフトし活路を見出した飲食店も多いでしょう。平常時には経済性や効率性を重視する経済モードを優先して、パンデミックが襲来すると健康と安全を最優先する安全モードに舵を切る。こうしたデュアルモードの考え方はコロナ感染対応として社会や経済、教育などあらゆる分野に見られるんです。学校の対面授業とリモート学習や地域社会の会合をリモートで開催するなど、これまで取り入れていなかったところでも実施され、範囲が広がりました。

しかし、コロナが過ぎ去ったからと言って、飲食店は元のように店を開き、通常の営業だけというのは危険。これからはいつパンデミックが襲来してもいいように、デリバリーやテイクアウトも備えとして充実させておくことが必要となる。

いわば、あらかじめ傘の準備をしておく、安全対策としてデュアルモードの経営を持続可能な形態に整えておくことが肝心という指摘です。

デュアルモード経営への対応は決してネガティブなものではなく、新しい挑戦でもあるんです。

「しかし単なるチャンスととらえるのは疑問。その背景には人々の不安や心の痛みが伴う部分もあることを忘れてはならない」とこの教授は指摘しています。

デュアルモードを有用なものにするには、単に制度や機能を充実させるだけでなく、関わる人たちが危機感を共有し、お互いに信頼し、助け合い、良い関係を築いておくことが大切となるんです。

UFO/UAPが話題になっていますが、その引き金は日本製秘密兵器

今晩はとても蒸し暑い。

気温のせいか体がだるい。

何かスカッとする話題はないものか。

そうそう、今実はアメリカでUFOがちょっとしたブームになっているんです。

UFOのお話。

UFOとは、言うまでも無く身確認飛行物体(Unidentified Flying Object)のことです。

ただ最近はUAP(Unidentified Aerial Phenomena、未確認空中現象)とも呼ぶらしいです。 飛行物体 と特定せず、自然現象の錯覚などあらゆる可能性を想定して 空中現象 としたところがミソ。未確認 を変えなかったのは、多額の予算で養成したパイロットやレーダーオペレーターを無能扱いさせないための配慮なんです。

最近は、アメリカ戦闘機パイロットによる謎の空中浮遊物体の目撃報告が相次いでいます。

このことから昨年12月に「2021年情報授権法」というのが成立。米国情報機関によるUFO/UAP関連情報収集に多くのリソースを投入することになり、法案成立後180日以内に国防総省FBIなど関連情報機関がレポートの提出を命じられました。

これを聞いて「宇宙人が円盤で攻めてくるとか、インデイペンデンス・デイ」とはなで笑い、真剣に取り合わない人も多いはず。しかしなぜアメリカがこんなバカげたことに本気かというと、

仮想敵国が開発した新技術による飛行物体の可能性も想定した安全保障上の問題でもあるからなんです。偵察ドローンや無人攻撃機などの空中からの脅威を把握するためなんですね。

バイデン政権になって世界中で戦争機運が高まっていて、のんきに、何だかよくわかりませんと曖昧にはすまなくなったのです。正体はわからなくても、アメリカの脅威となる存在かどうか、シロクはっきりけりをつけろということだ。

ところで、アメリカがUFO/UAPを深刻な脅威と感じるのは、意外にも昔の日本軍が開発した 「風船爆弾」 がトラウマになっているためなんです。

 

福島)いわきにあった風船爆弾基地 数少ない証言と物証 [戦後75年 ...

 

風船爆弾とは気球に爆弾をぶら下げて、偏西風(ジェット気流)に乗せてアメリカ本土まで約7700Kmを飛んだ大陸間戦略兵器です。気球が放たれた約9300発のうち約1000発がアメリカ本土に到着した。

当時、ジェット気流の存在は日本軍の軍事機密で、アメリカ軍に全く把握されたいなかったんです。風船爆弾はこのジェット気流によって新幹線と同じ時速300Kmで飛行したんです。

無音でレーダーにも映らず、風任せでどこを狙っているか見当もつかない。迎撃機を出撃させても補足が難しく、撃ってものれんに腕押し。効果的な迎撃手段が無くて、お手上げ状態だったんです。

アメリカ軍は市民にパニックを恐れてかんこう令を敷き、風船爆弾を警戒するためだけに全米に対空監視網を構築させられる羽目になってしまったんです。戦後これが発展して、米ソ冷戦の要となる北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)が誕生します。

風船爆弾心理的動揺を誘うのが主目的で、アメリカの脆弱な脇腹を突くことに成功しました。

もし細菌兵器が積まれていたらと考えると、アメリカがUFOに神経質になるのは無理もない事かも。・・・・

渋沢栄一の生き様を描く大河ドラマに次ぐ 天下の糸平とは

日曜日、夜8時からNHK大河ドラマを見ます。

今年は、渋沢栄一の生き様を描く「晴天を衝け」。

話は、幕末に突入して、これから明治維新へと進む。

 

油屋喜兵衛氏 「天下の糸平」を泣かせた男: 日本経済新聞

 

渋沢栄一回顧録

明治維新当時の財界における三傑は、三井の野村利左衛門(三井銀行の創設者)と

鉱山王の古河市兵衛古河財閥の創設者)と

天下の糸平こと田中平八をあげなければならない。

いずれも無学でありながら、これほど非凡の才能を備えた人を見たことが無い」

称えている。

”糸平”と呼ばれた男、田中平八は、糸に由来があります。

市場研コラム|人物秘話、ときどき相場談義(26)「新版 大東京案内」が ...

長野の農家の三男坊として生まれた平八は、12歳で魚屋に丁稚奉公に出されました。

子どもの頃から商才があって、15歳にして早くも魚屋を独立開業しました。

19歳で結婚、この頃から商売で名古屋を訪れるようになり、そこで米相場を知ります。

才覚からか名古屋の米相場で大儲けしましたが、まだまだ青二才。

大阪の堂島ではプロの相場師にひねられて大損して、借金を背負うことになる。

その後平八は、借金のい返済もあり、長野を離れて横浜で働きはじめます。

32歳の頃、横浜の町は生糸相場に沸いていました。世界的に生糸が不作で、そのあおりから

日本の生糸が世界から注目を集めます。外国人は、高値で生糸を買い漁る。

平八は、ここに目を付けた。「生糸は故郷にある」。

横浜に「糸屋」の商号で店を構えた平八は、その初仕事として故郷長野に戻った。

生糸の買い付けのためでした。そのため平八の宿には「貸した金返せ」と村人が押し寄せた。

平八は、集まった村人を前に豪語する。「ここに全財産300両ある。だが、これでは借金を返すことができない。とにかく今日は俺に2千両分の生糸を売ってくれ。代金は2ヶ月後に必ず払う。

借金も2ヶ月後に必ず返す」。;

借金をしている男を取り立てたところ、金を返すどころか、更に金を貸してくれ、その金で生糸を売ってくれという。こんな男を信用できるかという話だ。それでも村人は応じた。平八を信じたのだ。平八には信用に値するなにかが備わっていた。それはおそらくは正直さ。

自身の一手をつまびらかにさらけ出した愚直さだろう。

横浜に戻った平八は生糸を仕入れ値の10倍で売りさばき、借金を完済、取引した先も大儲け。

平八の名は横浜で知れ渡り、生糸の売り込みと洋銀相場の取立てで巨額の利益を得て、

「糸平(糸屋に平八)」と呼ばれました。

晩年は大相場師として名を馳せ、巨万の富を築き、渋沢をはじめ政財界の大物が

”天下の糸平” と称えられました。

今月8日に、インターネットの大規模障害が発生しました。「#スカイネット」

 

スカイネット

サイバーダイン社は本当にあったんだ! - Noblesse Oblige 2nd

 

 

今月8日に、インターネットの大規模障害が発生しました。

影響は世界各国及んで、各国の主要プラットフォームが機能しなくなって、日本でも官庁や企業のシステム障害が発生し、読売新聞や日経新聞のニュースサイト、フリーマーケットアプリの「メルカリ」などが一時的に閲覧不可能となるなどしました。しかし、一部地域では通信障害が発生していなかったり、影響の出たアプリなどを使っていなかったりで、そんなことが起こっていようとは夢にも思っていなかった人が大半でしょう。

なお、今回の障害の原因となったのは、コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)(ウエブコンテンツをインターネット経由で配信するために最適化されたネットワークのこと)大手のファストリー社の障害が原因だったようで、この手のニュースを見るたびに、IT依存に弊害、危険性を突きつけれるんですが、もうこれはこういうものだと納得し、受け入れるよりほかはありません。

さて、事の原因は明らかとなっんですが、障害の最中、欧米のTwitterではなぜか 「スカイネット」 タグがトレンドいりしました。スカイネットとは映画 「ターミネーター」シリーズに登場する架空のAIコンピューターシステムのこと。ターミネーターシリーズにとってストーリーの軸となる、なくてはならない存在なんです。ちなみに劇中におけるスカイネットは、サイバーダイン社という架空の会社が生み出した戦略防衛コンピュータシステムのことで、稼動後自我に目覚めたスカイネットを恐れた人間側は機能停止を試みる。しかし、これを攻撃と捉えたスカイネットは、全世界に核ミサイルを発射し、人類の半分を死滅させ、生き残った人々はこれを 「審判の日」 と名付けたというもの。要するに今回の通信障害を、映画に見立てて面白半分に騒ぎ出した結果、トレンド入りすることとなった訳です。

現代社会においてすでにAI(人工知能)は切っても切り離せない存在となっていて、AIが人間を支配するというオカルト話は尽きません。最近はiPhoneに搭載されているSiriも自我があるのかと思えるクオリティーで、映画「ターミネーター」の審判の日もそう遠くない未来の話ではないかって思えてしまう。人間は自ら作り出したコンピューターに支配されるほど愚かではない、そう信じたいんですが、統計、トレンド、その他もろもろの重要判定をITの分析・推測結果に依存し、それを基に将来予測を組み立てる構造は、既にITの支配下に置かれ始めていると言っても間違いではないような気もします。

スカイネットはフィクションだ」。いつまでもそいいい続けてたいし、もちろん、そうでなければならない。

「ミニマリズム」って、知っていますか。

今、外は雷が鳴っていて恐ろしい。

なんか、梅雨の季節に逆戻りの感じ・・・

そんな中で、記事を書いていると何だか自分の世界に入っていく自分が見えますね。

ちょっと考えてみた。

ミニマリストの人たち、極端じゃないですか?ーマイルド・ミニマリズム ...

 

 

ミニマリズム」って、知っていますか。

ミニマリズムとは、自分が興味のある物事だけにリソースを集中するために、

必要最小限のモノしか持たず、日々の生活をシンプルにするライフスタイルのことです。

また 「断捨離」はヨガの行法からヒントを得て、モノへの執着心を捨てて、身軽で快適な生活を謳歌しようとする思想のことで、提唱者の作家・やましたひでこ氏が商標登録しています。

経済の視点から見ると、これらは平成時代の30年にわたった デフレ経済 に最適化されたライフスタイルだといえるでしょう。

デフレとは 「おカネの力が強く、モノの力が弱い」状態をいいます。供給過剰でちまたにモノが満ち溢れ、お金さえあれば、いつでも好きな時に、どのもお店でも何でも安く ジャスト・イン・タイム で買うことができる「買い手市場」なんです。生活必需品は百均ショップでも大量に売られていて、購入したものすべて使いきり、要らないものはネットオークションで売り払う。レンタルやシェアリングで済ますことも可能。最近は現金ですら邪魔で、スマホさえあればキャッシュレス決済で事足りる。ECならワンクリックです。

ところが、ここにきてミニマリズムにとって逆風が吹き始めたようです。米新興ニュースサイトのAxiosで3月10日に掲載された記事 「Food Prices are  rising - and that ,s bad for global stability」 にとると、新型コロナで世界的に食糧価格が上昇中で、世界の安定に悪得影響を及ぼしているらしいんです。また3月2日のブルームバーグ日本語版でも「食料価格、インフレ率や所得上回るペースで上昇の勢い 世界的に懸念」 という記事がでていました。

インフレとは、デフレとは逆で「お金よりも、モノの力が強い」状態なんです。お金の価値(購買力)が低下する一方でモノが値上がりしていき、たくさんのモノを持っていた方が有利な「売り手市場」。

今やコロナで世界的にサプライチェーンがダメージを受けて、食料をはじめモノが手に入りにくくなりつつあります。クルマ用半導体もそうです。お金がたくさんあってもお店に商品が無ければ何も買えない。マスクを買うために大勢が行列したことは記憶に新しい。モノの有り難みが身に染みるはずです。

日本などの先進国では商品の加工過程や流通経路が整備されているため、まだしばらくは現在のデフレが続くと思われますが、コスト上昇圧力が長期にわたって続けば、いずれ価格転嫁は避けられないでしょう。すでに価格やパッケージはそのままに内容量を減らすシュリンクフレーションは始まっていますね。あるいは不況の深刻化でお金の力もモノの力も両方弱い 「スタグフレーション」 に陥るかもしれませんね。

これからの時代、食料品や必需品が値上がりする前に、あるいはお店に商品があるうちに買いだめし、いかに上手に備蓄するかという「収納のプロの実践テクニック」が重要になってきそうです。

何にせよ「ゴミ屋敷」だけは勘弁です。

忍耐の先に見えるもの

6月に入って気温の高い日が増えてきました。暑い・・・

厳しい夏を迎えるにあたり、暑さに慣れることを「暑熱(しょねつ)順化」といいます。

暑熱順化にはサウナが効果的。

サウナ好きを公言するなら、ゼッタイに知っておくべき「日本サウナ学会 ...

 

サウナで汗腺を活性化することで汗腺が開きやすい身体になって、熱中症予防になる。

サウナ入浴をしない人はこの暑い時期にサウナ?と首をかしげるでしょうが、実のところ、夏場のサウナも真冬のサウナに匹敵するほど気持ちがいいものです。

サウナ室の温度にもよりますが、入室から約8分から10分経過した時点で、身体中の汗腺から汗がこぼれだし、我慢の限界にも思える状態に至る。そこから60秒数える。

この60秒は時計の秒針の動きが緩慢に思えるほどつらい。それでもこの60秒の忍耐が後の快楽を呼ぶんです。サウナ室を出て、水風呂に入ると身体中の毛穴が引き締まる。

今度は2分ほどでその冷たさに我慢できなくなる。そこから30秒数える。そして水風呂から出ると、この上ない爽快感に身体が包まれます。とりわけ真夏の水風呂の気持ちよさは格別。

水風呂と水風呂後の爽快感のためにサウナの暑さに忍耐するわけです。

暑熱順化には適度の運動、ジョキングも効果的です。月に何度か、日頃の運動不足を埋め合わせするように走っていますが、5分程度走ると身体に汗がにじみ、時には足首や関節に痛みが出てきます。そこで走るのをやめて歩く日もありますが、たまには忍耐する。しばらくすると痛みは和らいできます。脳内麻薬が痛みを麻痺させるんです。もちろん時間の経過と比例して身体がバテてきますが、30分も走れば、5分程度走っただけでは得られない爽快感・達成感を得ることができます。

忍耐の先に、爽快感・達成感があるのは仕事も同じ。

すぐに結果の出る仕事や、一朝一夕で身に付く技能などは所詮その程度の仕事でしょう。

一人前の寿司職人になるためには 「飯炊き三年、握り八年」 と言いますが、一定の技術の習得にこれだけの歳月を要するのは決して珍しい話ではありませんね。多くの仕事のスキルとは、三日、三ヶ月、そして石の上にも三年でようやく形になるか、ならないというものです。

もちろん、この下積みのような時間は時に苦しみが伴うから、その苦に対じする忍耐が必要なんです。それでもその先には、苦心したからこそ味わえる仕事のやりがい、充実感がある。

お話は多少それましたが、真夏の到来に備えて今の時期に身体を暑さに慣らしてゆくことが求められ、そのためには汗をかくことが必要で多少の忍耐を伴う。

それでも、その忍耐の先に効果があるということ。

忍耐力をアピールする自己PR例文・ポイント |【エン転職】