リョウガのページ

小さな嬉しいことを発見する、今話題のことを思う

計画と実行の日

9月ももう終わりですね。早いものです。

 

9月には、5日に「計画と実行の日」という記念日があるのを知ってましたか?

 

この日は、計画を立てて実行することの大切さを理念に掲げるコンサルタント会社が

 

制定して、2017年に日本記念協会が認定したものです。

 

「計画」と「実行」は企業の発展や事業の成長を推進していく上で欠かせませんね。

 

加えて、その「評価」や更なる「改善」も大切。セルフマネジメントの基本として、

 

計画、実行、評価、改善の頭文字をとったPDCAが有名ですね。

 

その流れはPlanでは目標を設定し、達成するための数値や具体的なアクションプランを決める。

次にDOは計画に従って着実に業務を遂行していくことになりますが、それだけでなく

 

試行という意味も含まれてるんですね。計画を実行してみた結果、それが有効だったか、

もっと別の方法がないかと検証する。そしてCheckは設定した目標通りに

進んでいるか、計画通りに実行出来たか検証結果をまとめる。計画通りに進んでいない場合、その原因を分析する。

Actionでは前段階のCheckで明らかになった検証課題について改善点を考える。

 

こうしたPDCAのメリットには目標や、やることが明確になる、行動を集中しやすくなる、課題が分かりやすいなどがあります。

ただし行動経済学には計画錯誤という言葉もあるんです。計画そのものに錯誤があるということ。

錯誤は計画を甘く見積もることから起きます。実際にかかる期間より早く終わると思い込む。

かかる費用を安く見積もってしまう。起こりうるリスクを軽く考える。より多くの利益が儲かると思い込む。その結果、計画から大幅にズレが生じる。

PDCAサイクルという考えもあるように

PDCA-目標→実行→評価→改善を繰り返し、過ちを正しくしていくことが大切だと

9月の月に思いました。

 

「私の口癖であると思います」。岸田首相がテレビで会話の中で「検討し」という

フレーズが多いことを問われて、こう答えています。

岸田首相の「検討し」の多用に、「遣唐使」を揶揄した「検討士」と名づけられたりしています。

しかし岸田首相は「それは議論を進めて行くべきところはしっかりと行うんだということを申し上げている。議論を進め、そして結果を出す。この結果を示すことが大事だと思います」と言っています。

計画を立てて、議論を尽くし実行に移す大切さを語っています。ただ十分に検討されないまま実行されたり、検討に後の実行の効果が十分見えてこないのがもどかしい。

計画と実行の日のTwitterイラスト検索結果(古い順)。

 

 

平家滅亡

今日は日曜日、ゆっくりくつろいでいます。

 

NHK大河ドラマも見るのが楽しみですが。

 

鎌倉殿の13人もいよいよ佳境にはいってきました。内部争いが頻繁に起こって

 

ついに畠山氏までも追い詰められようとしています。畠山氏はかつて平家に携わって着ましたが、平家があっさりと滅亡して、拍子抜けした視聴者も多かったのではないでしょうか。

 

ところで、平家にあらずんば人にあらず、とまで権勢を振るった平家の権力の源泉は

 

どこにあったのでしょうか。それは武力ではなくて、経済力にあったんですよ。

 

学校の教科書にも、日宋貿易で巨万の富を得た、と書いてあります。正確には南宋

 

貿易相手国。もともと日宋貿易は博多を拠点とする宋商人が牛耳っていました。

 

そこに深く関与したのが平清盛の父・忠盛でした。忠盛は豊かな地方の国司を歴任して

 

得た財力で、宋商人と密貿易を始めました。輸入品(唐物)の買い手は朝廷でしたが、

 

あまりにも金払いが悪かったので宋商人にも都合がよかったんです。

 

清盛の時代になると、福原(神戸)の大和田泊に日本初の人工港、経が島を造営して、

 

瀬戸内海航路を整備。ニンポーからやってきた宋船を経が島に直行させることで、マージンを中抜きしていた博多の宋商人を排除して、日宋貿易を完全に独占。

 

また、平家は通貨発行権をも独占しました。日宋貿易で大量に輸入した宋銭を普及させました。

当時は、奈良時代和銅開珎が忘れさられ、絹による物々交換が決済の手段でした。

 

平家が持ち込んだ宋銭は朝廷の許可を得ていませんでしたが、取引の便利だあったため

 

貨幣経済が一気に進み、商業が大いに発展しました。ただし、宋銭は輸入に頼っていた

 

ため、通貨の需要増大に対して供給が追いつかず、通貨の価値が高騰しました。

 

逆に絹や米などモノの価値が低下して、デフレ経済に陥ってしまったんです。

 

通貨で経済を支配した平家の力はますます強くなって、これに対して、生産物を安く

 

買い叩かれた平安貴族などの荘園領主や、一所懸命に領地にしがみつく坂東武者は

 

不満を募らせていったんですね。

 

治承4年(1180年)の以仁王(もちひとおう)の乱もこれが原因でしょう。

 

ところが、ここで大きな逆転現象がおこるんです。

そのころ地球は寒冷化へと向かっていて、日本でも度々転変地異に見舞われ、

以仁王の乱の翌年には養和の大飢饉が発生しました。するとこれまでとは逆に

米の凶作で米価が暴騰して極端なインフレになってしまったんです。

 

これによって通貨に頼りきっていた平家の財力は急速に弱体化して、源平合戦

 

動員兵力数にも影響したんですね。これが平家の滅亡につながったといっても過言ではありません。

 

平家は、通貨を自国で銭造するのではなく、南宋から輸入していました。宋船は季節風

に乗って年に1回、夏の終わりから秋ごろにしか来航しなかったので、現代のように

柔軟な貨幣供給量の調節は難しく、急激な経済の変動に対処できなかったんですね。

 

ちなみに、源平合戦を現代風に例えるなら、平家の巨大流通小売チェーンに対抗すべく、源頼朝が理事長になって烏合の衆だった生産者を融合して、農業協同組合連合会

結成したといったところでしょうか。カリスマ指導者の頼朝亡き後、バラバラになるのは明白です。平家滅亡と「菅田義経」あっという間の転落。騒動の震源地「大 ...

 

 

「背徳グルメ」

今日も朝の通勤時間です。

通勤電車に乗っていたら、「背徳グルメ」という広告が目に入りました。

何でしょう、と思って調べたら、背徳グルメとは肉や油脂などの高カロリーの食材を

ふんだんに使ったメニューや、ニンニクなどの香辛料をたっぷり入れた料理で、

いかに夏の疲れを解消するととはいえ、健康のことを考えると、ちょっとためらってしまう料理。

 

調べると、背徳グルメはストレスが溜まっている時や疲れて気持ちが落ち込んでいる時

に食べる人が多いそうです。

 

一方、良いことがあった時や難しい仕事を終えた時など、気分の良い人に食べたくなる

という人もいるようです。

ただ人は背徳グルメを食べた後は罪悪感を覚え、翌日は食事の量を減らしたり、

野菜やサラダを食べ、健康志向が高まるらしい。

残暑に加え、コロナ禍でストレスが溜まっている中で、背徳グルメは解消法の一つかも

知れませんね。

 

ストレスは昔からあったようで、江戸時代のお医者さんの貝原益軒は、

まず、わが身の健康に心を配り、害あるものを近づけないようにすること、と言って

害ある者としては飲食、好色、睡眠、言語をほしいままにする欲、喜、怒、憂、思、悲、恐、驚の七情の欲を挙げています。

そして、道を行ない、心得違いせず、善を楽しむこと、長く久しく楽しむこと、

体の健康と同時に心の健康のい大切さを説いています。

 

夏の疲れやストレスを解消するには、食事と睡眠のほか休養することも大切といわれていますね。休むと養うは蓄積した疲労を癒すという意味ではどちらも同じです。

しかし前者が単なる生理的な反応としての休息であるのに対して、後者はあくまでも

自発的な欲求によるものとされて、精神的な疲れ、ストレス解消には、養う、ことが

決め手となるんです。

ポイントとして、プラス志向で生きる、自分らしく生きる、何かわくわくさせるものを

見つけること。

 

しゃきっとしなはれ、に次にくるような一文があります。

元気な人にはええ話がたくさんくるけど、疲れた人にはろくな話はきいひん。

忙しいくて元気な人には、ええ話が倍増してやってくる。

まさに元気でプラス志向で生きることの大切さを教えていますね。

ええ話が倍々になってくるよう、心身を養い、健康維持に心がけたいものですね。

京阪・南海沿線の「背徳グルメ」を巡る「悪魔の誘惑 背徳グルメ ...

 

 

天空の城ラピュタ ・・・呪文バルス

暑い夏、やっと夏休みです。

 

休みは、クーラーの効いた涼しい部屋でテレビでも見てゆっくりと過ごそうと思っています。

 

テレビ番組欄で、12日、金融ロードショーで、「天空の城ラピュタ」が放送されることを見つけました。

 

何度も見ましたがまた見てしまいそうです。なぜ?

 

これは、映画本編がスタートしてから1時間55分後のクライマックスで、

 

主人公の少年と少女が滅びの呪文「バルス!」って叫ぶんです。

 

そうすると、空中古代都市ラピュタが崩壊するシーンが印象的。

 

たった3文字なのに、飛行石(トークンデバイス)を持った、王家の人間(生体認証)が、玉座の間にいるとき、コマンド、バルス(自爆シークエンス)を実行するという、

超古代文明なのに現代の3ファクタ認証に匹敵する高度なセキュリティが備わっていた

という設定に驚かされました。

 

この映画が放映されるとき、バルスのシーンに合わせてツイッターやインターネット

 

掲示板に一斉にバルスと書き込まれる、バルス祭りが開催されるのが恒例でした。

 

最初のバルス祭りは2009年11月放送時で、電子匿名掲示2ちゃんねるのサーバーに高負荷がかかって、サーバーダウンしました。

 

2011年12月放送時には、ツイッター社の発表によると1秒間のツイート数が

 

2万5088TPSに達して、世界記録を達成しました。

 

バルス祭りは日本独特の現象で、米国ツイッター社でも急激な負荷増加に耐えられるように、テレビ放送に合わせてサーバーを増強して、ツイート数を集計するため

エンジニアを総動員しました。

米国本社では、テレビを見ながらツイートする使い方の非常に良いサンプルだと評価していました。

 

ところが2016年1月放送時からバルス祭りに陰りがみえてきたんです。

 

この頃から企業が便乗し始めてきたんです。企業の公式アカウントが一般ユーザーと

 

同じようにバルスと書き込む程度なら、むしろ歓迎されていました。

 

ところが、バルスではなく社名や商品名をつぶやくような露骨なマーケティング

 

鼻に付くようになってきたんです。そして、ラピュタを放映する日本テレビが、

 

番組でバルスまでのカウントダウンを表示して、大々的にキャンペーンを打ち出したのが決定的にまずかった。

 

バルス祭りは自然発生的で、個人が自発的に参加して、大勢の知らない人同士で盛り上がれる一体感、今か今かとタイミングを待ちわびるワクワク感が楽しかった。

 

そこへ企業が、商売の下心でズカズカ入ってきたばかりか、あろうことか、カウントダウンで、さあみんなでつぶやこう! と仕切りだしたことに、多くの人たちがその

やらされる感、に嫌気をさし、急速に冷めてしまったんです。

 

子ども同士で楽しく遊んでいるところに大人が入ってきてシラケムードになることと同じ。

もはやバルス祭りはオワコンかもしれませんね。企業がマーケティングにSNSを利用するのは結構なんですが、ネット社会の空気を読み間違えないことも必要なんでしょうね。

 

このことを思いながらみなさんしっかり見てくださいね。天空の城ラピュタ・・・

天空の城ラピュタ の映画情報 - Yahoo!映画

 

 

同盟国アメリカと言う国

灼熱地獄の中、今日も仕事です。

 

台湾問題で中国とアメリカが緊張状態ですね。ロシア、ウクライナに続いて

 

こちらも、いやな感じですね。海外事情に敏感な仕事だけに心配ですね。

 

今から2万年ほど前、アジア大陸(シベリア)と北米大陸(アラスカ)は

 

ベーリンジア陸橋と呼ばれる陸でつながり、獲物を追う人々が北米へと渡っていました。

 

アメリカの先住民たちですね。1492年、クリストファー・コロンブスカリブ海

 

島に上陸、1497年に、ジョン・カボットがイギリス王の命を受けて北米大陸

 

発見、スペインも1522年にメキシコを征服するなどヨーロッパの殖民が始まりました。

1582年に英国のハンフリー・ギルバート、英国女王の特許状を得て、新大陸の

 

植民地化に着手しますが失敗します。

 

英国の最初の入植地は1607年のジェームズタウンバージニア州でした。

 

最初は数百人規模でしたが、その後何百万人もの移民が新大陸にやってきました。

 

清教徒集団の移民は1620年のメイフラワー号に始まります。英国でカトリック教会

 

に弾圧されたプロテスタントの信者たちです。やがて州ごとに自治政府を形成しますが

 

税金などで英国政府と争います。1776年7月、トーマス・ジェファーソンらの

 

執筆した独立宣言が採択されて、自治政府は連合軍として独立戦争に突入します。

 

フランスの援助もあって、アメリカは1789年、ジョージ・ワシントンが初代大統領

に就任します。

 

独立戦争では13州が連合して戦いました。13州はそれぞれ別の国に属する植民地で

 

政治的にも独立して、宗教や習慣、法律も違う。独自の州兵も備えて、州の権限は大きい。

そんな集合体ゆえに、連邦国家として分裂しないように憲法で離脱を制限して、アメリ憲法に忠誠を誓い、バラバラになるのを避けてきた。

 

国民の宗派は多く、対立しないよう政治と宗教も分離しました。ちなみにソ連

 

各共和国の脱退を禁止していなかったことも崩壊の一因とみられます。

 

新大陸は、旧大陸と遠く離れています。欧州とは異なって、国土が常に脅かされるという心配はありませんでした。

旧大陸の制約や戦争の影響を受けず、干渉されることを嫌いました。

 

1823年の議会で発表されたモンロー主義と呼ばれる孤立主義は、建国時からの

 

外交政策なんです。しかし、第二次世界大戦後はソ連と敵対して、世界の警察官という

 

役割まで演じるようになりました。

 

べトナム戦争で若者の反乱がありましたが、1980年代に入ると反動で保守化が顕著

 

になって、共和党キリスト教原理主義寄りの姿勢を強めていきました。

 

民主党公民権運動や社会保障といったリベラリズムを主張します。

 

アメリカには、覇権国家としてアメリカ的価値観を世界に押し付ける面もあり、

 

今や中国やロシアと衝突しています。この米中露に挟まれて日本は、

 

今後どう行動していけばいいんでしょう。

 

アジア歴訪中のアメリカ・ペロシ下院議長 2日夜に台湾訪問か 蔡 ...

 

 

人間関係のレッスン

真夏真っ只中、灼熱地獄。

 

暑すぎて、胸焼けがひどくなって戻しそうになって、食べられない。

 

どんどんスタミナが失われていきます。

 

こんな苛酷な環境の中、会議などでもストレスが溜まって、二重の苦しみになっています。

 

人間関係もなかなか難しい。周りから、空気読めと言われて、読んでみたら

 

おまえは自分が無いのか、と責められる。いったいどっちなんだと、ストレスがマックス。

 

自分でもちゃんとやっているのに、いつの間にか非難の的になることがありますね。

 

人当たりが良くて、寛大で包容力がある。公平な判断力もあって、大勢の意見を

 

まとめることに優れている人。そんないいひとを演じようという人がいるとしましょう。

本当は自分が批判されることを恐れて、相手の意見に合わせていただけ。でも、意見の

 

対立する人たちを仲裁するうちに、双方にいい顔をしていることがばれる。

 

どっちの味方」なんだ、と両方の信用を失う。がんばりすぎる人もぎこちない

人間関係を作ってしまいがちですね。努力家で責任感が強くて、すべてにおいて

完璧を目指す。理論的で効率的に仕事をこなす。甘えることも嫌いで、ねばならない、

と思い続けて仕事をがんばりすぎ、周囲からの休んだらというアドバイスにも耳をかさず、結局、限度を越えて体調を崩す。

ほら見たことかと、陰口をたたかれて、やりきれない思いを抱く。

 

いい人もがんばる人も、それでうまくいった時期はあったんですね。だけど、そのとらわれが自分を苦しめることになってしまうんですんね。

 

人間関係の最初は母子関係から始まって、家族、近所に人、同級生、先輩後輩と広がっていきます。

家族の中ではダダをこねる行為が許されても学校では許されず、自然に修正することで

 

精神的に成長します。人は就職、結婚、転勤、退職など、人生の節目節目で従来の

 

パターンを壊して、再構築していくんですね。

 

両親の仲が悪いと、子供は争いの匂いに敏感なるといいます。子供心に一触即発を

 

回避することが習慣化して、いい人を演じるパターンが出来上がる。

 

そうした環境でサバイブ(生き残る)していくための有効なスキルなら、演じることも

 

否定できない方法ですね。がんばりすぎる人は、がんばれば評価されると思いこんでしまうんですね。勉強ができる、容姿が優れる、運動能力が優れるなんかの条件下でのみ、自分は愛される資格があると感じるんですね。

だけど、本当の自分は何をしたかったのか、それは自発的な意思だったか、

 

誰かに巧みに操作されていたんのでは。モラルに反するハラスメント、嫌がらせ。

 

職場での暴言や陰湿ないじめ。精神的苦痛を感じるなら、そこはモラハラの海。

 

理不尽な攻撃に追い詰められたら、謝るふりをしてとりあえずその場を逃れる。

これも人生の泳法ですかね。嫌な社会ですけどね。

風通しのいい職場とは?職場の人間関係の悩みを解消する方法 ...

 

 

太陽神

夏真っ盛りですが暑い夏(ラニーニャ現象)すぎて、体力が衰えますね。

 

これだけ暑いと、高校野球もやる側、応援する側大変でしょう。

 

暑い夏の太陽ですが、太古の昔から世界各地で「神」と崇められて信仰の対象と

されてきたんです。

 

ギリシャ神話で、名高いアポロン、エジプト神話で最も偉大とされる太陽神ラー、

 

インド神話で7頭の馬車に乗るスーリヤ。

 

そしてわが国の天照大身神もその文字通り、太陽神の神格をもちます。

 

お天頭様が見ているよ、とうい言葉もありますが、これも太陽に敬意と親しみを

 

込めて言っているんですね。

 

先月の6月27日から29日にかけて各地で次々に梅雨明けが発表されて、

 

関東や近畿では1951年の統計開始以来、もっとも早い記録となりました。

 

ついこの間まではどんよりとした雲り空を見て、早くこの鬱陶しい雲が消えないか、

と日差しを心待ちにしていたのに、いざ日差しが降り注ぐと、暑い暑いと文句をいい

 

日差しを避けて日陰を探して歩く始末。

 

夏の日差しは、紫外線量が増えるから注意。

 

何千円もする日焼け止めクリームを顔中に塗りたくる若い子を見ていると

 

若い頃はそんなもん塗らなくても問題はなかった、と言いたくなるような年配の方も

 

いるようで。

 

だけど、環境問題として知られるオゾン層の破壊によって、数十年前と比べて

 

地表に降り注ぐ紫外線量は増加していて、昔と今では地球環境そのものが違いますね。

 

ながらく母子手帳に、健康のために強い骨を作るため、日光浴が必要との記載がありましたが、1998年には日光浴を勧める記述が消えて、「外気浴」という表示に変わったんです。

 

今では紫外線といえば、シミができる、シワができやすいや、角膜炎や白内障の眼病の

原因、と悪影響ばかりが取り上げられて、紫外線対策というキーワードが一般化しました。

 

紫外線対策は、日焼け止めクリーム、日傘、サングラスの三種の神器に加え、

 

手足は服を着てしまえば防げると、衣料品や水着のラッシュガードなどのUVカットも

進みました。

UVカット加工は大きく分けて二つあって、一つは生地に紫外線を吸収するコーティング剤を加工するタイプ。

もう一つは、紫外線を反射する微粒子の無機質(セラミック、カーボン、チタン)を

繊維に練りこむ方法。

 

太陽神からの恵みであるはずの日差しを避けなければならない時代とは、

 

環境破壊を続けてきた人類の罪を、お天道様はしっかりと見ていたということなのでしょうか?

 

太陽神 (たいようしん)とは【ピクシブ百科事典】