リョウガのページ

小さな嬉しいことを発見する、今話題のことを思う

「サスティナブル」と2025年問題の国産アパレル

いま、ファッション業界では、地球規模の環境問題で「サスティナブル」による、テーマで話題を呼んでいます。

世界の衣料市場規模は2兆5000億ドル(272兆円)に達するといわれています。

世界で排出されている温室効果ガスのうち、10%はファッション業界が生み出されています。

船舶や航空機業界より多くのエネルギーを消費しています。

このような状況の中で、日本国国内ではどのようになっているのでしょう。ちょっと分析してみます。

 

f:id:yasuhirokamei0912:20191211230918j:plain

 

超高齢化社の到来に伴う2025年問題が、アパレル業界に与える影響は、

「生産」と「消費」に大別できる。

まずは生産の問題。

国産アパレルの製造事業者数は90年以降、海外生産品との価格競争、仕事量の絶対的減少から約4分の1までに減った。生き残った先も商い環境は厳しくなる一方で、価格競争に翻ろうされた。人件費を圧縮するため定年を迎えた者を再雇用する、あるいは「技能実習生」として外国人を受け入れてきた工場も多い。

技術実習生は建前上「日本の優れた技術を途上国に移転する」制度であるが、工場は若い労働力として活用してきた。

制度開始から26年、劣悪な実習生の就業環境がたびたび報じられ問題視されてきた。だが、問題はそれだけではない。実習生は3年で帰国する。長く実習生に依存してきた先は後継技術者育成ができなかった。

この間、業界内ではインクジェット機の導入やIT化は進んだ。それでも世界に評価されてきたのは、ハンドプリント・縫製加工といった技術者の手作業だった。今の団塊世代のもつ技術は彼らが引退した後、どれだけ国内産地に残るのか。

 

そして消費の問題。

2025年、アパレル市場は厳冬の訪れが予想される。団塊世代が職業生活から引退すれば、仕事着がいらない。健康問題から家にこもることが増えれば外出着がいらない。

アパレルの支出額と年齢には相関関係があるが、(50代でピークを迎え、その後減少する)2025年以降、国民の5人に1人が75歳以上になるのだから、支出額は大きく減るだろう。

そして中心顧客層の弱体化が進む。いつの時代も若者はファッション市場に活力を与える存在であるが、時代の変遷にともない消費は変貌している。

昨年の若者はファストファッション、ネット通販、フリマアプリには熱心であるが、DCブランド、百貨店、ヨーロッパ輸入衣料に熱心だった団塊ジュニア世代と比べて、服にカネを使ってこなかった。2025年以降、彼らが30代・40代のアパレルの中心顧客層になる。可処分所得が増えたからといって、彼らが百貨店で買い物するか?ゼロの数が一つ多い服を買うようになるのか?想像に難しい。

しかも、今アパレル消費の中心層を担う団塊ジュニア世代は2025年頃を境にピークアウトを迎える。

つまり、現在停滞状況にある国内アパレル市場は社会全体の加齢に伴い、縮小を余儀なくされるとみる。

2025年まであと5年と3ヵ月。国産アパレルは今何をすべきか。どこに向かうべきかを早急に考える必要があると思う。

コールドリーディングとは

とあるドラマの1シーン。

謎めいた雰囲気をかもし出す女性占い師が座っている。

水晶玉を挟んで座っている客は、しょぼくれ風のサラリーマン。

占い師の 「あなたは今、大きな悩みを抱えていますね」

との問いに、サラリーマンは小さくうなずく。

占師は「上司や部下との関係に悩んでいませんか」と問う。

サラリーマンは 「なぜ、分かるのですか」と驚いた表情。

f:id:yasuhirokamei0912:20191210232530j:plain

占い師は続ける。 「あなたのご先祖様の無念の思いが、あなたを不幸にさせているのです。あなたのご先祖様の中で、不幸な亡くなり方をした人はいませんか」と。

心当たりがあるサラリーマンは「私はどうすれば不幸から逃れられますか」と泣きそうな顔をして言う。

結局、その場で祈祷を受けることととなり、多額の祈祷料を払う羽目になった。

後日、サラリーマンはマジシャンの卵である妹に、事の顛末を話す。すると妹は、その占い師のたくみなコールドリーディングで、金をまきあげられたのだと断じた。

 

コールドリーディングとは相手の気持ちを全て分かっていると思い込ませる話術の技法。

コールドは「事前の準備はなく」、リーディングは「心を読み取る」という意味。占い師の必須科目でもあるし、これをマスターせねば占い師は務まらない。

そして、この手法を巧妙に駆使することこそが、人気占い師への近道となる。

分かりやすく解説すると、まず、人は生きていたら大きな悩みの1つや2つくらいは常にある。だから、最初の質問にノーと答える人はいない。そしてサラリーマンの悩みなど、ほぼ職場関係だ。

それは突き詰めると全ての人間関係に行き当たる。占い師の指摘は当たって当然。最後の ”不幸ななくなり方” についてはふん飯もの。この世に幸せな亡くなり方をする人などいない。それくらいは分かりそうなもの。こんな手口に引っかかるのは、前半部分で思い込まされたから。

 

実はこの前半のたくみなコールドリーディングは日本人相手にしか通用しないんです。日本人は「みんな友達」と誤解をしていて、職場も学校も友達や恋愛相手を見つけにくい所だと思っている。だから、日本人の職場の一番の悩みは人間関係になったりする。

米国や中国では事情は全く異なる。仕事と友情は別だと割り切っているから。みんなが、お互いのスキルを認め合い協力して仕事を進める場所だと心得ていて、職場はそれ以上でもそれ以下でもない。

従って、アフターファイブを同僚と過ごすことなどしない。あの人とはウマが合わないとか、この人好き、嫌いといった感情は不要なのだ。

ところが、そういう感情が先に立ってしまい、大事な仕事から何から万事をスムーズに運ばなくさせている日本の職場とは大違い。こんな風土も経済成長の妨げになっている。

f:id:yasuhirokamei0912:20191210233001j:plain

コールドリーディングの手法は以下の8つがあります
①あいまいにする
②正反対のことをいう
③不満を引き出す
④おだてる
⑤YESでもNOでも外れない言い方をする(ダブルバインド
⑥自己幻想をかきたてる
⑦弱点を指摘する
⑧向上心を称える
以下順にみていきましょう。
(ただし本まとめは入門編として要点だけピックアップしたものです)

 

①あいまいにする

あいまいな表現を使うことで、ストライクゾーンを広げることが出来ます。
使用例:「かなり非現実的な野望を抱いてしまうことがある」「御社は常に挑戦を続けているようですね」「いつも向上心を高くもっているよね」

 

②正反対のことをいう

まったく正反対のことをいうことで「私のことをわかっている!」となります。片方は日頃人から言われていても、もう片方を言われていないと新鮮味がでるそうな。
使用例:「外交的で愛想がよく,付き合いがいいときもある半面,内向的で用心深く,引きこもってしまうこともある」「いつも明るいけど本当は影があるよね」「いつも成功しているように見えますが、本当は日陰の見えない部分もあるのでしょうね」

 

③不満を引き出す

不満を感じていることをほのめかすと相手がのってくる糸口となります。そもそも占いを受けに来る人はなんらかの不満を感じていることが多いのがみそですね。
使用例:「ある程度の変化や自由を好み,縛られたり制限されたりすると不満を感じる」「現状には満足されていませんよね」「なにか悩み事があるんじゃないの?」

 

④おだてる

人は自分を褒めてくれる人と話すといい気分になるし信じたくなります。
使用例:「自分に対して厳しすぎるところがある」「おしゃれなところに住んでいるね!」「長所を出し切れていないのね」「高級霊に守られている」

 

⑤YESでもNOでも外れない言い方をする(ダブルバインド

日本人は謙遜しやすいからいっそうききやすいかもしれませんね。YESといえばそのままだし、NOといえば「そういうこと自体がその証拠じゃないですかー」といえるのです。
使用例:「自分の考えをしっかり持っていて,根拠なしに人の言うことを信じ込んでしまうことはないと自負している」「協調性があるんだねー」「柔軟に対応されてきたのですね」

 

⑥自己幻想をかきたてる

誰しも「あのときああしていれば…」と思うことがひとつぐらいあるはずです。そこを刺激してあげると乗ってくれやすいです。
使用例:「これまでの人生の選択や行動は本当に正しかったのだろうかと疑問に思うことがある」「本当に魅力を引き出せるかな」「まだ隠れた才能があるのはわかっています」

 

⑦弱点を指摘する

あんまりおだてすぎるとあれなので、弱点をはさむことでリアリティがでます。しかしそれとなく、なので結果として④おだてるにつながっていきます。
使用例:「性格に多少の弱点はあるけれども,たいていはそれを埋め合わせることができている」「人から好かれたいという欲求が強いんだね」「もっと無神経でいれたらいいのにね」

 

⑧向上心を称える

一見相手の弱点を指摘しているようですが相手の向上心を認めることによって改善し成長していく余地をみとめることによってリーディングに価値を与えることができます。
使用例:「人から好かれたい,認められたいという欲求が強い」「これまでも果敢な挑戦をしてきましたね」

 

しかし一番大事なのは相手を観察すること、それも外側からではなく内側から相手になりきって観察すること

いかがだったでしょうか?
手を変え品を品を変え褒めるの変形技のようですね。

おもてなしは、過剰なおせっかいか

f:id:yasuhirokamei0912:20191209224447p:plain


生きているうちに、まさか山手線に新駅が誕生するとは思いもよりませんでした。

高輪ゲートウエイ駅です。

山手線の新駅は1971年の西日暮里駅以来という。

外からその全容がうかがえ、駅ビルのない複雑な造形の白い巨大な大屋根の建物は、従来の駅からは離れたデザインだ。

f:id:yasuhirokamei0912:20191209224504j:plain

それに伴いJR東日本は11月16日未明から17日にかけて品川駅で線路切り替え工事を行なった。工事は、山手線と京浜東北線の田町~品川間の線路の移設と、品川駅の京浜東北線北行き(大宮方面)のプラットフォームを移行するという。これに伴い16日(土)は、京浜東北線の田町~品川間が終日運休するとともに、山手線に至っては初電から16時ごろまでは、上野~東京~大崎間も運休するという大工事で、山手線の運休を伴う工事はJR東日本発足後初めてという規模のものだった。

そのためなのか、工事が行なわれる旨のアナウンスが、連日、車両内に流れた。工事は平日に行なわれる訳でなないので、平日利用しているサラリーマンには関係ない。平日、乗車している多くのサラリーマンは、16日(土)は山手線には乗らないので、「そうなんだ。工事するんだ」程度の反応だったと思う。

 

むしろ、土曜日、日曜日仕事の人たちには徹底的に通知していないと、いろいろなトラブルに繋がりかねないため、むしろ工事のアナウンスは土曜日や日曜日に山手線を利用する人たちに周知徹底されなくてはならないと思った。

 

日々乗車していたのだが、そのアナウンスに驚いた。まずは日本語で16日の工事の旨がアナウンスされたと思ったら、次は英語で同様のことを。すると、今度は中国語、そしてとどめに韓国語で同様の内容がアナウンスされた(中国語、韓国語がわからないため、そうだと思われる)。

 

工事当日に山手線を利用する欧米、中国、韓国の方々がどれだけいるのかみんな見当もつかないし、海外の旅行客やビジネスマンが工事によって、どれだけ不便を被るのかわからないが、なにもそこまで親切丁寧にアナウンスしなくてはならない事なのだろうか。

おもてなしが我が国の美徳とするところであろうが、あまりのも過剰だと耳障りなものだけにはならないだろうか。アナウンスに限らず、過剰すぎて迷惑千万と思われることが多々あるようなきがするのは私だけか。

ストレスの習慣・ストレス付き合う方法

「ストレス」という言葉から何をイメージされるでしょうか。

「不快なこと」

「苦手な人」

「慣れない場所」

など、ご自身にとって「嫌だな」もしくは「苦痛だな」と感じることを思い浮かべる方が多いのではないかと思います。

ですから、出来る限り排除したいものと認識されている方も多いかもしれません。

 

f:id:yasuhirokamei0912:20191209221343j:plain

そもそも、ストレスとはどういうものなのでしょうか。私たちの心身は、常に一定の状態を保つ「ホメオスタシス機能」が備わっています。

例えば、全力で走った後に心拍数が一時的に上がりますが、時間を置けば元の状態に戻ります。同じように、心も何かしらの変化により刺激を受けた状態からホメオスタシス機能が作用して、通常モードに戻ろうとします。

その元に戻そうとする力のことをストレスと呼び、それを作っている原因を「ストレッサー」と呼びます。

このストレッサーは、自身に起こる「変化」がもたらすもので、不利益なものだけに起因するわけではありません。つまり、良いことも楽しいこともストレスの原因になります。

人生には、結婚や転居、身近な人の死など、大きな変化を伴うライフイベントがたくさんあります。環境や状況を大きく変化させるこうした出来事が過大なストレッサーとなるのです。

職場においても、昇進・昇格・部署・担当替えなどがストレッサーとなります。たとえ希望していた仕事に就けるとしても、心に負担が掛かります。ストレスケアは「自分の置かれている環境や状況に変化が起こった時」に必要なのだと心に留めておいてください。

5月ごろ起こる心身の不調状態を総称して「5月病」と呼びます。なぜ5月に心身の不調が起こるのでしょうか。

3月4月は年度替わりで最も変化の多い時期にあたり、その時期にストレッサーが多く存在するからなのです。みなさんの環境でも、3月には人事異動で引越したがあったり、4月は新入社員を迎えたり、社内制度が変わったりして、とかく忙しい時期ではないでしょうか。

忙しいと、普段行なっているストレス解消法を実施する時間も持てずに、ひたすら変化の影響を受け続け、気付いたときには心身ともに疲弊して動けなくなっているという状況になりやすいのです。要するに、変化の多い時期をうまく乗り切れなかった結果でもあります。年度の変わり目だけでなく、職場や生活環境に変化があった際には、ご自身はもとより、周りの人の状況を把握して心配りをしていくことが重要です。

 

ストレスと付き合う

 

生きている限り変化を避けることはできません。私たちは常にストレスにさられれています。しかし、ストレスが少ないとモチベーションが下がる原因になるため、適度にあるほうが望ましく、生きる活力になります。ストレスはなくすのではなく、「うまくコントロールする」という意識で付き合っていただけたらと思います。

ストレスを緩和するための解消法は、今回は気持ちをコントロールしやすくなる日常生活の過ごし方についてお伝えします。

感情や気分のコントロールのためには、俗称「幸せホルモン」とも呼ばれている神経伝達物質、「セロトニン」を脳内で充足させておくことが大切です。セロトニンはモチベーションを持続するのに欠かせません。うつなどの症状を改善させるために処方される薬は、主にセロトニン調整を行なうもものであることからも、その重要性がわかります。

討たれ強く柔軟性のある精神を育むためにも、日々の生活の中でセロトニンが多く分泌される習慣を取り売れていきましょう。

 

そのためには、

 

心がけたたい生活習慣

 

セロトニンは体内で生成できないため、食べ物から取る必要があります。原料となるアミノ酸トリプトファンを含む食品をとることが望ましく、牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、納豆や豆腐など大豆製品、またバナナやナッツ類にも含まれているので積極的に摂取してください。

イライラしたときは、ブラックコーヒーではなくカフェラテにするなど工夫しながら取り入れると良いでしょう。食事はバランスがとても大切なので、他の食品も含めて偏りなく取ることを忘れないでください。

効率よくセロトニン分泌を促すには、1日20~30分のリズミカルな運動を心がけましょう。駅やオフィスの階段を上り下りしたり、一定のテンポで早歩きしたりすることでも効果を得られます。

気をつけたいのは、2日間以上の連続した休日です。

土日休みの仕事の方は月曜日にゆううつな気分になる原因の一つは、週末に体を動かさずに過ごすことにあります。1日くらいはのんびりと過ごしても問題ありませんが、その他の日は体を動かすようにしましょう。特に、車移動の多い方やオフィスワークの方は、意識して運動を取り入れてください。

生活習慣のポイントとして、陽の光を浴びること大切です。冬場は日照時間が短いため、暗いうちに家を出て暗くなってから帰路につくことも多いでしょう。ランチタイムに外に出るなどちょっとした合間の日光浴を心がけてください。

 

適切な入眠は起床時間がポイント

 

とかく忙しく、睡眠時間を削り十分な睡眠を取れていない方も多いでしょう。心身ともに健康に過ごすためには睡眠が重要だとわかっていても、毎日決まった時間に休む難しいかもしれません。そういた場合休日にしっかりと睡眠を取り、その週のうちに体調を整えるよう心がけてください。

眠りすぎて睡眠のリズムが狂ったときは、入眠したい時ら逆算して16~18時間起きることをおすすめします。起床して16~18時間後が一番入眠しやすい時間帯だからです。

例えば、22時~0時に眠りたい方は6時に起床すると比較的スムーズに眠りつきやすくなるので参考にしてください。

ストレスをコントロールするための生活習慣を身に付け、セルフケを行なってください。

りんごの苦境

りんごが旬を迎えている。蜜の入ったりんごは見た目通りに甘く美味しいが、蜜の見える時は11月下旬から12月下旬で、その後は蜜がりんごに吸収されるという。

蜜入りりんごとして知られている青森産「サンふじ」が出回るのもちょうど今の時期だ。

欧米には「1日1個のりんごは医者を遠ざける」とのことわざがあるように、りんごが健康にいいことはよく知られているが、健康志向の進む我が国において、りんごの生産量は落ち込んだまま。

f:id:yasuhirokamei0912:20191207224141j:plain

りんごの生産量1位は言わずと知れた青森県で、国内りんご生産量は2008年から2017年の10年間で15.7%減少した。(全国生産量は同10年で間で19.3%減少)。

その減少要因は第一に消費量の減少。パックを開けるだけで簡単に食べられるカットフルーツが低価格で店頭に並ぶようになり、皮をむき、切ることが必要なりんごを特に若者が食べなくなってきている。

第2に従事者の減少。りんごの需要が伸びないために、新たにりんご栽培を始める若者が現れず、高齢化が進み、農家数の減少も続いている(所得の問題も背景にある)。

第3に生産環境の劣化。青森県はりんご栽培の歴史が古いことから、樹木の老齢化により生産力そのものが低下している。

そして第4に輸入りんごの増加。りんごの輸入量は、天候不順で国内生産量が落ち込んだ2012年から増え始めた。今年上半期の輸入量は過去最高のペース。背景にはTPPの発効があり、関税が段階的に引き下げられる2028年には完全撤廃される。一体どうして国産りんごが美味しいのにわざわざ海外産を買うのかと思うが、現在、海外産取引価格は国産の約4分の1の水準と非常に低価格だ。カットフルーツやジュース等に高い需要がある。

国産りんごの主産地では若者の従事者不足からも衰退が続いており、本来それを守らなくてはならないはずであるが、グローバル化の名の下に安価な輸入品が増加するという火に油を注ぐ状況にある。

一方、日本産りんごは海外から高い評価を受け、近年は輸出量も増えている。今後関税の引き下げからさらに輸入量が増えると予想されるなか、海外への売り込みを強化していかねばならない。

りんごだけではない、いちごも牛肉も同じような状況であるし、ひいては、国内繊維産業も同じである。

今後人口減少からも国内市場は先細りが見えている。輸入に対抗するには輸出しかない。世界に誇るくらいイイモノを作っているなら、世界で売れるはずだ。

ボランティア活動について

以前に3度、東日本大震災の被災地、東北は岩手県へボランティア活動に行ったことがある。関西からでは流石に遠いので単独では行き難い。よく買い物にいく生協が企画しているチャーターバスで行くボランティア活動に申し込んだ。その企画には毎回、100名以上が参加していた。あれだけの被害を受けた被災の復興は、かなり大変で途方もない時間を要する。

活動の一例は、津波でシイタケ栽培が出来なくなった農家の支援。シイタケに代わる作物として、花を栽培することにしたという。圃場に選んだのは河原。津波による塩害を受けていない圃場はそこしかないからだ。一からの圃場作り作業に30人ほどで取り組んだ。河原に横たわる無数の重たい石を除いて、土に肥料を混ぜて耕し種をまく。実に壮大な作業だが、大人数でやると半日で終了することができた。これだけ重労働だと大いに達成感がある。このような復興へ向けてやることは尽きない。それはそうと、そのボランティア活動に参加しているメンバーだが、ここだけの話、金持ちが多かった。

現地では安い宿でみんなが寝食を共にするので結構親しくなれる。中には3回とも、一緒に活動に参加した人たちもいた。直接、職業を聞いたわけではないが、言葉の端々から、どこかの役所や企業で相応の役職についているとか、大学で教鞭を取っている、等々が分かる。さらに、身に着けているものからも裕福さが容易に推測できる人が実にたくさんいた。

f:id:yasuhirokamei0912:20191206225336p:plain

なぜこのような人々が参加しているのか。それは、本物の金持ちは社会奉仕とか、他人のために無償で働くことを喜びとするからである。欧では、ビジネスなどで成功した人物が、大々的に社会奉仕活動をしている姿がよくみられる。でも、日本では大々的にする人は少ない。それは気恥ずかしいことも要因だろう。でも、1人では気恥ずかしくても、大勢でやると張り切る。日本には全国各地になんとかクラブといった奉仕活動団体がある。これは中小企業経営者や、その街の名士などが参加する団体で、参加希望者が多い。この団体が多く存在するのも、1人では気恥ずかしい、といった心理からだろう。

もし、コネ作りをしたいと思うのなら、ボランティア活動への参加は有効な方法になる。何も被災地へ行かなくて野、ボランティア活動が出来る場所は身近にいくらでもある。福祉団体やNPO、病院、老人ホームとか。人格者である本物の金持ちと知り合える可能性が高いはず。なお、世間でスポットライトを浴びるような、きらびやかな場所に集まるのは所詮、成金かニセモノの類なので要注意。

薄れる「新商品」の魅力

「お取寄せコンビニの新発売・新商品」

「今週の新商品 - セブン・イレブン」

「来週の新商品 - ファミリーマー」

「新商品 - ローソン」

f:id:yasuhirokamei0912:20191205223606g:plain

インターネットで ”新商品” というキーワードを検索すると、コンビニのサイトが連なって出てくる。

日頃、あまり気付かなかったかもしれないが、店頭には週ごとに新しい商品が並んでいる。

商品の新陳代謝が激しいコンビニは、メーカーの ”実験台” ともいわれて、各社が新商品の開発にしのぎを削ってるから。

 

もちろんスーパーや専門店でも新商品は次から次へと出されており、新聞のチラシにも、”新商品”の文字は多い。

しかし中には、発売して数ヶ月が経過しても ”新商品” 表示のまま売られていることもある。コンビニでの新商品は表示は1週間程度で、2週間を超えるのはまれだが、スーパーは売り場に余裕があるためおおむね3ヵ月が目安だという。

 

店によって新商品の扱いが違うとなると、消費者は戸惑ってしまうだろう。では、いつまで「新」なのだろうか。

法的な規制はなく、それぞれの業界が「消費者が公正に選べる環境をつくることを目的とした公正競争規約」に基づき自主的にルールを決めている。それら自主ルールによると、テレビや冷蔵庫などの家電製品は発売から1年、あるいは次の新製品が発売されるまでのうち、期間が短い方。

化粧品やドラッグストアで扱う医薬品などは、以前は6ヵ月だったのが、昨年から1年に変更されている。

新商品であることより、長く使える信頼性が求められているためだそうだ。ただし自主ルールがあるのは家電、化粧品、自動車、不動産などで、お菓子や飲料、スイーツには規定がないという。

 

商品の入れ替えが激しいわりに、 ”新商品” と名乗れる期間は以外に長い。これは新商品が消費者の目を引きつけ、購買意欲をそそるモノと見なされているから。

とはいえ、昔に比べると「新」の魅力は薄れているように感じる。たとえば今、スマートフォンの新商品が出でも、かつてのガラケーからスマホに移ったようなインパクトはない。旧型とデザインや機能性がそれほど変わらず、旧型でいいという人もいる。

 

新商品が溢れている時代に、いかに消費者に目をとめてもらえれ商品を作るか。それは「新」である必要があるかも含めて課題は多い。