リョウガのページ

小さな嬉しいことを発見する、今話題のことを思う

二刀流 大谷選手 見事・・・

二刀流

二刀流・大谷翔平を他の競技に転向させるなら…“百獣の王”武井壮が選ん ...

 

 

MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手は現地時間4月4日、アナハイムで行なわれたホワイトソックス戦において 「2番・ピッチュアー」で投打同時出所を果たしました。

投手として出場しつつも打線に参加したことから、真の二刀流ということで ”リアル二刀流” と賞賛されました。試合前の公式記録によれば、メジャーで過去に投手としてプレーし2番打者で出場したケースは118年ぶりらしいです。

アクシデントによる途中退場は誠に残念でしたが、試合では先発初回無失点、163Kmの直後に特大先制ホームランを放って、怪物ぶりを遺憾なく発揮しました。

しかし野球選手の二刀流は一人で投手と野手の両方をこなさなければならないため身体への負担が大きく、成功した事例は少ない。野球関係者からも、選手生命に影響しかねないため、どちらかに専念すべきだ、と否定的な意見が張本さんなどから良く聞かれます。

ところで話は打って変わって、本家本元の二刀流といえば、やはり 剣豪・宮本武蔵 ですね。

武蔵の二刀流は右手に太刀、左手に小太刀を持ち、相手の剣を左手の小太刀で受け、右手の太刀で攻撃するのが基本。果たして、この武蔵の二刀流は無敵だったのでしょうか。

一刀流の使い手と二刀流の使い手が対戦するとして、双方が同じ体格で腕力も技量も互角と仮定する。攻撃側の一刀流の使い手が両手でブッ握り締めた重さ約1.5Kgもある太刀を上段から力任せに振り下ろしたとき、防御側の二刀流の使い手は左手の小太刀だけでそのすさまじい打撃力を受け止めなければならない。間違いなく二刀流がパワー負けするでしょう。

両手たい片手、リーチの違い、刀の重量、上段からの位置エネルギー、どれをとっても二刀流が圧倒的に不利です。面前で刀をクロスして受け止めてもそのまま力で打ちとらえられるだけ。

武蔵の二刀流は所詮、相手の虚を突く奇策に過ぎない。手の内を知られ、対策を立てられたら終わりです。恐らく武蔵もそのことを承知していたに違いないでしょう。

だから本気モードのガチの巌流島の決闘では、佐々木小次郎の3尺(約1m)の長太刀から繰り出す 燕返し に対抗するため、あえて二刀流を捨てて、船の櫓(ろ)で作ったさらに大型の木剣で圧倒し、小次郎を倒したのです。

当時は戦国時代が終わって侍や雑兵がリストラで大量失業した時代でした。是が非でも大名家に剣術師範として仕官するために、実戦向きでない曲芸じみた剣技でアピールする浪人も多かったようです。武蔵もその一人だったのでしょう。

だからといって大谷選手に向かって、巌流島の武蔵のように 二刀流を捨てろ、曲芸は止めろ、などというつもろはないです。

両立が難しいとされる 投手と野手の両方で勝負したい! という、前例が少ない二刀流の可能性に挑戦する大谷選手のチャレンジ精神には敬意の念を禁じえないですね。

永井荷風 軍靴の響き 今のコロナに思う

永井荷風 軍靴の響き

軍靴の響 千葉泰子詩集 - bookface's diary

 

永井荷風は大正7年(1918年)11月と大正9年(1920年)1月の2回にわたって、スペイン風邪(A型インフルエンザウイルス)にかかったとみられる。

当時のことは氏の日記「断腸亭日乗」に記載されています。とくに2回目は体温40度に昇る、熱去らず。こんこんとして眠をむさぼる と病状は重く、とうとう、病床万一のことをおもんばかりて遺書をしたたむ と覚悟するほどであった。まだ42歳のときである。

第一次世界大戦の最中、1918~1920年に世界的に流行したスペイン風邪では、世界で2000~4000万人(一説では6000万人とも)が死亡したと言われています。日本でも40万人前後が死亡し、東京駅設計で知られる建築家の辰野金吾氏、劇作家の島村抱月氏もその犠牲になりました。当時の政府は対策としてマスク着用、うがい、室内換気、患者の隔離を呼びかけました。アクリル板の設置、マスク会食などが加わった今とほとんど変わりないです。

外出自粛、休業要請、集会・イベントの禁止や営業時間短縮。緊急事態宣言やまんえん防止等重点措置を発令する政府。監視する自粛警察がはびこり、欧米ではアジア系へのヘイト問題が起こっています。コロナに名を借りた民族差別、弱者いじめが横行する。

第4波となれば、非常事態ごころか戒厳令的な規制を臨む人たちも出てきそうです。

新型コロナの実態をつかめないうちに、変異株が出現して置き換わっていく。見えない敵はさらに正体がわからなくなっている。そうした事態への対応策も従来とそう大きく変わらない。頼みのワクチンは、医療従事者から高齢者への接種へとようやく進もうとしていますが、65歳未満の接種に向けたワクチン確保はいまだ見通せない状況にあります。聖火リレーが東京に到着するまでに国民はワクチン接種できるんでしょうか。大本営発表ではないけれど、正確な情報が適時開示されているのかも、疑問です。

現代史研究家の保阪正康氏は新型コロナによる経営破たんや格差拡大、人心の乱れが、全体主義を呼び込みかねないという懸念があります。1929年10月の米ニューヨーク証券取引所の株価暴落から始まった世界恐慌。不景気は世界に広がり、日本にも押し寄せました。しわ寄せは都市の末端労働者や農民へと集中していった。その苦しみや怨嗟(えんさ)の声が軍内の青年将校らの国家改造運動に正当性を与えた、とし、5・15事件などを経て、ファシズム体制へと時代精神が変化していったと分析しています。

経済が後退する今、同じ道をたどらないよう歴史を読み返したい。

おじいさんのランプ

「おじいさんのランプ」

おじいさんのランプ|絵本ナビ : 新美 南吉,篠崎 三朗 みんなの声・通販

おじいさんのランプは、作家の新美南吉が戦時中に1942年に発表した童話です。

多くの出版社から刊行されていて、アニメにもなったので、知っている人も多いでしょう。

あらすじは次の通りです。

明治時代の終盤、ある田舎の村で孤児として育った巳之助(みのすけ)は,初めて街に出た時、まばゆいばかりに光を放つ石油ランプと出会います。

感動した巳之助は生まれついての商才を生かしてランプ商人として成功し、家を建て、家庭を持ち、ついに村の名士にまでのし上がっていった。

ところがある日、街に出かけた巳之助は驚愕する。街には電線は引かれ電燈がこうこうと灯っていたかたです。ランプは直接石油を燃やすため空気を汚した。それに比べて電燈はクリーンで、ランプより光力が強かった。

巳之助は電燈を見て本能的に危機感を覚えました。子供のころにランプと出会った感動とは真逆でした。自分の才覚だけを頼りに裸一貫で築き上げてきた全てが否定されるこを恐れたからです。

時を待たず、村にも電気を導入する話が持ち上がり、巳之助の反対もむなしく、導入が決まってしまう。巳之助は逆上し、賛成派の区長の家に放火しようとする。

ところが、手近にマッチが無く、代わりに持ってきた火打石ではなかなか火が起こせない。いら立ちのあまり、こんな古臭えものは、いざというとき間にあわねえ、と悪態をつくが、その言葉を発した瞬間、古い物に執着していた自分自身の間違いに、ハッと気付いてしまう。

巳之助は家にある在庫のランプを全部持ち出して、人気のない池のほとりで泣きながら壊していった。すべてを吹っ切った巳之助はランプの商売を廃業し、街に出て本屋を開業しました。

電燈の普及で夜でも本が読めるようになったからです。

最後に年老いた巳之助は孫に語って聞かせる。

「少し馬鹿だったが、わしの商売のやめ方は、なかなか立派だったと思うよ。古い商売がお役に立たなくなったら、すっぱりそいつを捨てるのだ。いつまでも古い商売にかじりついたり、世の中が進んだ事を恨んだり、そんな意気地のないことは決してしないことだ」。物語はここまで。

ランプは時代遅れになったが、電燈という新しいテクノロジーで夜の中が開けたのだから、巳之助はこれを喜ぶべきだったのだ。

ランプは文明開化の象徴であって、近代日本の発展に大きな役割を果たした。

そのことに敬意を表し、後世に語り継いでいきだけで十分だ。子供向けの童話ですが、ぜひ大人の方も読んでほしいですね。

照明器具はその後、白熱電球、蛍光灯、LEDが主役となった。しかし、ランプは今でもしぶとく命脈を保っています。電気のないアウトドアで暗闇を照らすランプは、燃料式ランタンとして世界中のキャンパーからこよなく愛用され続けています。・・・

1959年に起きた台所論争から60年の新たな論争・・・

1959年、

米ソの冷戦下のお話。

7月、ソ連・モスクワでアメリカ産業博覧会が開催されました。

米ソの相互理解、文化交流を目的に企画されたものである。

その開会式にリチャード・ニクソン副大統領が訪れましたが、ニキータ・フルシチョフ第一書記との間で「台所論争」が起きました。モスクワの会場に建てられた米国のモデルハウスの台所で2人が論争したことから、こう名付けられました。

台所論争 - Wikipedia

ニクソン副大統領は設営されたモデルハウス、その台所に置かれた食器洗い機、冷蔵庫など最新電化製品は、米国なら誰でも買えると話して、消費財の普及ぶりから自由主義の優位性を主張しました。兵器開発競争よりも大量生産による大衆消費社会の豊かさをアピールしたかったのです。

一方、フルシチョフはこれくらいの設備は我が国でもそろっている。米国ではお金がなければ道端で寝るしかないが、ソ連に生まれれば誰でも住宅を手に入れられる、と反論したという。

現実のソ連の消費生活はそこまで豊かではなかったんですが、共産主義国家としての意地があった。

アメリカ産業博覧会」とキッチン討論 - ロシア・ビヨンド

当時の米国は、パパは何でも知っている、うちのママは世界一、などのテレビ番組を通して、豊かな家庭生活ぶりを世界中にばらまいていました。日本においても同様で、1960年代のい米国はまだ輝くあこがれの消費生活大国に見えていました。

地方から大都市に働きに来て、やがて結婚、団地に入居し、そこで電化製品をそろえる。

子供もできて郊外にマイホームを持つことが一つの夢であった。高度経済成長はそうした夢の実現に向けてひた走り、労働者はいつしか消費者と呼ばれるようになっていました。

モスクワでの米ソ台所論争から60年余り。ソ連は崩壊し、ロシアとなった。

それでもバイデン大統領とプーチンロシア大統領とは緊張関係にあります。ロシアの民主派野党指導者ナバリヌイ氏の毒殺未遂や米大統領選介入問題などが背景にあるんでしょうか。が、それ以上に深刻なのが米中関係なんですね。

米中貿易戦争は追加課税合戦がいったんは休戦したものの、日本、オーストラリア、インドなどを巻き込む包囲網へと拡大し、習近平政権が神経をとがらせています。米国は中国の新疆ウイグル自治区や香港、台湾への威圧的な働きかけや、サイバー攻撃などを非難する。一方、中国に進出している日系企業数も多く、日中経済関係は密接です。

自由で公正な貿易体制の発展を望んでも、経済制裁などで米国と足並みをそろえることは難しい。政治と経済、安全保障のバランスをどうとるのか。当事者の一人として、米中の覇権争いとぼやいてもいられない。

有事のマネジメントについて

有事のマネジメント

平時のマネジメントは、改善積み上げ型のマネジメントと本質的には同じと考えられています。

いずれも常に現状に立脚し、丁寧に手順を踏んでそれぞれ修正していく、というもの。

個人、チームを問わず問題を発見・解決し、より効果的な方法に改め、その方法を標準化し、歯止めをかけていく。

マネジメント】平時と有事のマネジメントの違いは何か? - クマ坊の日記

コロナ禍にあえぐ今、過去の積み上げや経験則だけでこの難局を乗り切ることができるのかといえば、極めて困難です。問題の全体像や核心をつかまず、表面的な、派生的な問題解決に終始していては、やがて企業の存亡にも繋がってきます。踏襲すべき大事なものはあるが、スピーディーな変革を常に模索しないと生き残れない、そんな時代に本格的に突入した。

リーダーシップの重要性が改めてクローズアップされています。ニュージーランドのアーダーン首相は昨年3月にいち早く国境を封鎖して非常事態を宣言、ロックダウンを実施しました。

医療従事者以外の外出を規制するなど厳しい施策だったですが、SNSで国民に理解を求めて感染拡大防止に成功しました。アーダーン首相の率いる労働党も昨年10月の総選挙で圧勝し、国民の支持と信頼の厚さを示したのは好例です。

翻ってわが国。コロナ対策は常に後手後手で、首相のメッセージもどこかうつろで響かない。

東京オリンピックパラリンピック組織委員会森喜朗会長はジェンダーダイバーシティ社会の中、女性蔑視発言で辞職。森氏は海外に顔が広く調整力に優れ、強いリーダーシップを発揮してきたが、世界的なイベントの責任者としての資質が問題視されました。

リーダーシップは諸刃の剣。間違った方向に突っ走ったり、人が育たず、組織の発展が阻害されたりする、とマネジメントに詳しい米田巌氏は語っています。

リーダーシップも強すぎれば、メンバーの反発や意欲減退をもたらし、意思決定力は鍛えられず、自律的な考えや姿勢は育たないからだ。指示命令を重視する官僚や軍隊などのピラミッド型機械的組織には強力なリーダーシップは欠かせないが、創造性を求める組織には合わないでしょう。

経営者に「まさか!」と言わせないリスクマネジメント / ビジネス ...

 

では、有事や変革期にふさわしいリーダーとはどのような人物でしょうか。

米田氏はビジョナリー(展望)型リーダーシップが有効的とする。ありたい姿やあるべき目標をまず先にあげ、強い目的意識と執着心を持って全員で挑戦するマネジメントを構築する。だけど、残念なことに、安易に流れ、決断を先送りし、部下へ丸投げする。

そんなリーダーが溢れているのもまた事実だ。

「河の渡り方」を考えることの重要性について

河の渡り方。

 span style="color:#000098;">(6) 「橋のデザイン」を考えるな。「河の ...

経営コンサルタントの田坂広志氏は思考法の一つとして、「橋のデザインを考えるな。河の渡り方を考えろ」と言います。

問題の「解決方法」で議論が生き詰まったら、改めて「解決すべき課題」とは何だったのかを思い起こす思考法です。

河に渡す橋について、様々な意見が出たとしましょう。

木の橋がいいのか、鉄骨の橋がいいのか。鉄筋の橋もある。

それぞれ一長一短がり、どんな橋にするのかを決められない。

そんな時、本来の課題は何だったのか。

それが河を渡ることであったのなら、河にフェリーを渡しても、河の下にトンネルを掘っても、

河の流れそのものを変えてしまってもいいのである。

解決方法にばかり目を奪われるのではなく、本来の解決すべき課題に目を向けることで、斬新なアイデアが生まれる事もあるという。

コロナ禍で業績が悪化した。、社長は営業部長に「なぜ、売上げが伸びないのか」と尋ねると、「ECが他社に比べて弱い」という理由を挙げた。

社長はEC担当者に「なぜ、ECの優秀な人材が集まらない」と答える。

社長は人事担当者に「なぜ、優秀な人材は集まらないのか」と聞くと、人事部長は「会社のいイメージが低く、広報にがんばってもらいたい」と。広報部長は「業績が悪く、広報予算が減った。営業部長にがんばってもらわないと」と振り出しに戻った。

原因は結果が循環構造となっていて、いわゆる悪循環の典型と言える。

問題の本質はEC強化だけではない。

本来なら商品開発に問題があるのか、店舗における接客技術に問題があるのか、集客力そのものに問題があるのか、さなざまな視点から点検すべきでしょう。

商品の価格設定が正しかったのか、原材料や製品の調達先などについても解決すべき課題があったのかもしれない。ECだけが業績悪化の解決方法でがなかったはずです。

ECが弱い(原因)から売り上げが伸びない(結果)という単純な因果関係だけで業績を評価する経営者は少ないだろう。弱い部門はきっとその他にもあるからです。

どの部署が問題なのかを探る犯人捜しを行っても、結局各部署が責任逃れをするだけである。

そうではなく、解決すべき全体の問題をまず整理し、それぞれの部署で吟味し、そこから何ができるのかを積み上げいこことしか、これから先の世界には進めそうにない。

そもそも問題のありkじゃさえ見えないのであれば、解決方法の議論を繰り返す意味はないんです。コロナ禍がもたらした課題は何であったのか。

今、目の前に壁があるなら、さまざまな視点で問題を見直してみることも必要でしょう。

 

昨日、テレビれアニメ映画を観て、思ったアニメ業界の闇。

昨日、テレビで「ハウルの動く城」を見ました。

 

コロナ禍にあっても活況を呈する日本のアニメ業界。

昨年は劇場アニメ「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」 が大ヒットして、日本歴代工業収入第一位に輝きました。

また、先日公開された 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」も公開初日の興行収入が8億円を超える記録する好発進。

日本動画協会の「アニメ産業レポート2020」によると、2019年のアニメ産業市場は前年比15%増の2兆5112億円と10年連続で伸び続けています。

にもかかわらず、アニメ業界では「ブラック労働」の噂が絶えません。どうやら構造的に末端のアニメーターに利潤が回ってこない仕組みになっているようです。

とあるアニメーターがアニメ業界の闇をツイッターで語ってるんだが ...

それは広告代理店やテレビ局などが出資する「製作委員会」が、アニメ産業市場の半分を占める海外売上やグッズ販売などのライセンス利益を独占しているためなんです。

アニメ制作会社の売上げを推定した狭義のアニメ業界市場はたたの3017億円であって、アニメ産業市場全体のわずか12%に過ぎないんですね。作品がヒットしても出資していない制作会社に還元されることはありません。現場の力に頼っているにもかかわらず、利益の分配は後回しなんですね。末端の製作現場は深夜アニメの粗製乱造に追い回されて疲弊しているんです。

アニメ業界の闇…、クールジャパンに潜むブラック話が洒落にならないと ...

日本アニメーター・演出協会の「アニメーション制作者実態調査書2019年」を見ると、アニメーション制作者の年間収入は平均440万円となっている。

これはプロデューサーや監督も含めた金額であって、大半のアニメーターはフリーランスで、厳しい出来高制ものと年収300万円が精一杯。20代で月15万程度。技量未熟な新人は月10万円以下もザラ。

彼らは大好きなアニメの仕事がしたくて業界に入ってきた達人です。たとえ低賃金でも「世界に冠たる日本アニメ」の誇りを持って働いていて、ブラックであることが認識されない構造が上手く利用されている。今日の日本のアニメ産業の活況は彼らの過酷な賃金労働に支えられているのが実情なんですね。心が折れて辞めてしまう人も多い。

だからといって、製作委員会が全部悪いわけではないんで。これは資金集めと失敗のリスク分散を目的とした企業出資形式の製作グループで、リスクを負った出資者がリターンを得るのは当然ですね。

ならば、アニメ制作会社が自ら製作委員会に出資して主導権を握り、リスクを張ってオリジナルアニメを作ればよろしい。作品がヒットすれば制作会社の取り分も増え、アニメーターに働きやすい労働環境と高い報酬で報いることが出来るはずです。

「ヴァイオレッテ・エバーガーデン」の京都アニメーション、「シン・エヴァンゲリオン」のカラー、人気原作の権利をおさえた「鬼滅の刃」のユーフォーテーブルが良い例ですね。

シン・エヴァンゲリオン劇場版 | 上映中作品一覧 | ミッドランド ...

 

ただ、資金力がない弱小制作会社にはもはや望むべむもないのでしょう。