リョウガのページ

小さな嬉しいことを発見する、今話題のことを思う

脱プラストロー 環境問題に波及

f:id:yasuhirokamei0912:20190717232441p:plain


f:id:yasuhirokamei0912:20190717232134j:plain


環境問題に波及 脱プラスチックストロー

 

プラスチック製ストローの廃止の動きが、世界中に広まっているなかで、居酒屋チェーンにも広がってきています。

居酒屋大手のワタミもストローを竹由来のものに変更。

「塚田農場」を展開するエー・ピーカンパニーは全店でストローを取りやめ、より持ちやすいグラスにきり替えた。

代替品への切り替えはコスト増につながるが、環境問題に敏感な消費者の視線を意識して対応を急いで見えます。

 

ワタミは約60店舗でプラスチック製ストローの提供を取りやめ、主に竹の食物繊維を使用して作った「竹ストロー」に変更。

竹ストローは間伐在として伐採した天然の竹のみを使用して、燃やしてもダイオキシンなどの有害物質が発生しないらしい。

 

これまでの2業態で月間で消費していたプラスチック製ストローは約14万本。

居酒屋「塚田農場」はグループ全体で原則プラスチック製ストローの提供をとりやめる。

ソフトドリンクとアルコール類の区別がつきにくくなるため、今後はくびれたグラスでソフトドリンクを、通常のグラスで酒類を提供するらしい。

顧客からの要望があれば、紙製のストローを提供するそうです。

1月から「四十八漁場」などの居酒屋24店舗で、先行してプラスチック製のストローの提供をやめていた。塚田農場も在庫が残っている店舗については使い切ってから終了するらしい。

 

「海鮮居酒屋はなの舞」を展開するチムニーは、グループ約700店舗でプラスチックストローの提供をやめる。今後は「アルコール0%」と文字の入った再利用可能なマドラーをソフトドリンクにつけて提供するらしい。顧客から要望があった場合のみ、紙ストローで対応。

 

「酔虎伝」は4月からプラスチックストローを廃止し、紙製ストローに変更。今秋にはさらにマドラーに切り替える。

 

飲食業界ではどうか?

すかいらーくは、「ガスト」で昨年12月にすでにプラスチックストローを中止している。今月中にグループ全店で全面廃止する見通し。

スターバックス」も2020年をめどに前面廃止を掲げている。

タリーズ」は、微生物に分解されるバイオマスプラスチック配合のものに変更。

現行のストローは、210ミリメートルから180ミリメートル短くして、使用するプラスチック量を軽減する。

 

海外では企業の環境配慮や取り組みに対する消費の目線は厳しく、集客や企業イメージに直結すると思われます。

訪日客が増える2020年の東京オリンピックまでに実地を急ぐ企業が今後もふえそうである。

 

5Gがもたらす新たなゲーム動画 社会的影響

ゲームや動画といったデジタルの「娯楽」をめぐり、競争がはじまっています。

ネットフリックスは、独自番組を題材にしたゲーム作りを進める。

高速通信規格「5G」の普及を背景に世界のゲーム人口は今後10年で倍増する。

 

「番組や映画の世界観をもっと広げたい」。とSFホラー「ストレンジャーシングス 未知の世界」を題材にしたゲームをスマートフォンなどに配信。

「意識的に動画とゲームの境界線を曖昧にしようとしている。

自社のコンテンツやプラットフォームをゲームの世界とつなげて、一段と魅力を高めようとする取り組みは、他社にも広がっている。映画や漫画で知られる「アベンジャーズ」のゲームを20年5月に発売する。

 

グーグルは投稿サイト「ユーチューブ」でゲーム動画を見ている人が、クリック1つですぐに遊べるような配信サービスを検討中。

アップルは、ゲームの遊び放題サービスを始め、スマホiphone」の利用を促す。

 

ソニーマイクロソフト任天堂、多数のソフト会社で成立していた「E3」も。

ただ今年はネットフリックスのゲーム制作やグーグルの場所や端末を選ばないクラウドゲーム参入などが話題に。

 

異業種がゲーム市場に食指を動かすのは5Gのような新技術により、今後急速にゲーム市場が拡大する可能性がある。

18年のゲーム産業の規模は約15兆円。

動画配信と映画、DVD合計968億ドルよりも4割も大きいく、CDや音楽配信合計191億ドルと比べると実に7倍になる。

12~21年の市場成長率は11%と高く、ゲームをする人の数は22億人と世界人口の3割を占めるが、中国や東南アジアなどを中心に潜在需要はまだまだ大きい。

 

5Gの普及でクラウドゲームなどが広まれば「今後10年でゲーム人口は40億人に倍増する可能性もある。」

「音楽や映画も体験だが、見るだけでなく、操作もできるゲームのインタラクティブな体験こそが人間の心を揺さぶる」

体験を通じて作品やキャラクターをより好きになる傾向があり「エンターテイメントに携わる企業がゲームを避ける選択肢はない。」

 

急速な市場拡大には負の側面もある。

世界保健機関(WHO)は、ゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を国際疾病として認定しました。

f:id:yasuhirokamei0912:20190717162155j:plain


ゲームに関わる企業も対応が迫られる可能性がある。

 

人の働きを支援するため、AIと人の手の差

f:id:yasuhirokamei0912:20190717154140j:plain


人の働きを支援するため、AI(人口知能)やITの活用が注目されていますね。

全職種で人手不足は顕著であり、新人やアルバイトに仕事を早く覚えてもらい、即戦力につなげたいという企業の意向もあって、導入検討が活発になっています。

 

運輸や物流業では「人の作業の代替」が期待されている一方で、「人が作業を行うべき」産業にAIやITをどう使っていくのかは気になる所です。

その典型が、高級リゾート宿泊業で、「人のおもてなし」が顧客満足度に直結します。

 

AIやITを取り入れ、人が行うべき仕事に集中すべくサポートしている事例を、

ハウステンボス星野リゾートのICT関連担当者が語るセミナーがありました。

面白いともったのは、星野リゾートが全くスタッフが「マルチタスク」に転換し、フロント、掃除、レストラン給仕などをシフト制で行い、専門の職だけをやめたという。

個人の業務シフトを円滑にするために、AIやITを活用しているという。

 

要は「パフォーマーであるスタッフが顧客満足を高めること」、そして人だから可能な「察する力に集中してもらう」ことだという。ファッション販売も「客を察する力」がまさに大事。ZOZOスーツや機械で測ったものと、実際に人間の目で見た微妙なバランスの違いを見ぬく力こそ重要であり、そこをサポートするAI・IT活用が注目されるのでは。現状ではなかなか難しいですね。

「サブスクリプション型サービス」て知っている?

f:id:yasuhirokamei0912:20190716165157j:plain

お名前.com


定額利用サービスの「サブスクリプション」を使ったことのある人は5割近くに達した。半年前の同様の調査と比べ利用客が高まっている。

最も「サブスクリプション型サービス」とうい言葉を知っている人は2割強にとどまっている。

利用客は「サブスク」と認知せずにサービスを使っている。

 

サブスクリプション型サービスという言葉を知っているか」とうい質問に対し

「内容を含めてよく知っている」と答えたのは9%。

「聞いたこてゃあるが内容まで知らない」が17%。

「知らない・よくわからない」が74%だった。

 

サブスクリプションとは、製品を買うのではなく、消費者が利用した期間に応じて使用料を払い利用できるサービスだと説明したうえで使っているかを聞いた。

「使っている」と答えたのは36%だった。

「以前使っていたが現在は使っていない」が10%。

「使ったことはない」が54%だった。

 

同様の調査で「利用経験率」は35%だった。

サブスクの認知度は低いままだが、利用者は徐々に増加している。

使用している人に向けてどのようなサービスを使っているか複数回答で聞くと、

「動画配信サービス」が最も多く81%を占めた。

音楽配信サービス」39%

「本・雑誌・コミック配信サービス」18%も多かった。

その他「ビジネスツール定額利用サービス」7%

「衣料品限定利用サービス」2.5%

なども使用率が低いが回答があった。

回答全員に向け今後使ってみたいサービスを複数回答で聞いてみた。

「動画配信サービス」と答えた人が最も多く43%。

音楽配信サービス」24%

「本・雑誌・コミック配信サービス」17%も回答が多かった。

そのた「飲食」15%

「学習・勉強配信サービス」10%

も消費者から注目されていることがわかった。

サービスを使うと決める時に何が決めてとなるかと聞くと

「1か月あたりの利用料金」が影響すると答えたのは93%に登った。

「使い方がわかりやすい」が影響するのは87%、

「利用開始の手続きが簡単」が影響するのは87%だった。

一方で「テレビCMの広告」が影響すると答えた人は46%で、調査に上げられた10項目で最も低かった。

レジ袋 海洋ゴミ 海洋漂着の1%未満 なぜ有料化?

f:id:yasuhirokamei0912:20190716143214j:plain


スーパーマーケットやコンビニなどの店頭で無料配布しているレジ袋を、法令で有料化する話が浮かびあがっています。

急にレジ袋が有料になるんでしょう。

それは、海洋プラスチックごみを減らすためです。プラスチックは軽くて丈夫なので、ごみとして長く海を漂い続けることがわかってきました。

太陽光などで破片になるとそれを魚が食べて体内に蓄積し、やがて人への口にも入るため健康への影響が懸念されるからです。

国連によれば2018年7月時点で127か国でプラ製レジ袋の使用に何らかの法規制があり、83か国が無料配布を禁じています。

レジ袋を有料化すれば、プラごみ問題は解決すると思うと、そうではありません。レジ袋は国内で年間に出るプらゴミの2%程度とされています。海岸の漂着ごみも、16年に環境省が国内10地点で内訳をしらべてみたら、プラゴミのうちレジ袋を含むポリ袋は容積比で0.3%だけ。ストローやフォークなどの食器類もわずか0.5%です。

比率が高いのは漁網やロープ26.2%、

スチールロールブイ14.9%

など産業用品です。

生活関連では飲料用ペットボトルが目立っており12.7%を占めました。海洋ゴミ全体の内訳は不明ですが、単に買い物時の心がけなどではなく、大掛かりな取り組みが必要だと推測されます。

ペットボトルなどの分別回収も進み、日本はリサイクルの先進国だと思っていました。がプラゴミ問題に限れば全く違います。国内プラゴミの86%は有効利用していると、政府は説明していますが、大半は発電などのための焼却で、国際的にはリサイクルには含みません。それを除くと有効活用率は2割台で、3割台のドイツや英国を下回っています。レジ袋についても、06年の容器包装リサイクル法改正時に有料化が検討されましたが、一部流通業の反対で見送られました。

 

対照的に海外では近年、一気に脱プラスチック政策が進んだのです。16年の世界経済フォーラムダボス会議)でこの問題が報告され、18年には欧州委員会が脱プラ戦略を公表。同6月のカナダでの主要7か国首脳会議(G7サミット)でもプラゴミ対策の憲章が議題になりましたが、日本と米国は署名を見送りました。

 

この間、中国は17年にプラゴミ輸入を禁止。同様の処置は東南アジアにも広がり、プラゴミは緊急の課題になりました。行き場のないプラゴミの山から火災が起き、先月に行われた大阪サミットでも議題になったため、日本も明確な対策を打ち出さなくてはならなくなったのです。レジ袋対策がバタバタと進んでいるもの、外国に「やってる感」を示すためともいえます。おそまきながらでも先行する国と同等の対策をとればいいんですが。脱プラは世界の情勢になっています。関連産業は、衣食住、農漁業、輸送機器、家電に家具、生活雑貨と幅が広い。

脱プラを進めれば産業界も消費者もコスト増や利便性の減少など「痛みを伴う可能性」は高いが、ルールを作り、新産業育成、新商品開発では、早く転換した国ほど「ゲームチェンジ」での主導権を握ることが出来るからです。

フランスなどは厳しい脱プラ政策を進めることで新産業育成と主導権の確保に舵をきった。日本政府や産業界も、レジ袋有料化でアリバイを作るだけではなく、長期的な視点から脱プラに力を入れるべき時といえます。

 

お名前.com

yasuhirokamei0912.hatenablog.com

ウルトラハイパーグルメリポート 廃プラゴミ 海洋垂れ流し

f:id:yasuhirokamei0912:20190716132657j:plain


ウルトラハイパーハードボイルドグルメリポートを昨夜みて気分が悪くなりました。

こんな国が、こんな人たちが、こんな暮らしがあるのかと。

私たちも人の事を言ってられないと思いました。廃プラゴミの垂れ流し。

これを見て、昔見た映画のワンシーンを思い出しました。

ちょっと紹介します。

 

1967年の米国映画「卒業」に不思議な場面があります。

大学を出た主人公に、ある実業家が唐突にこう助言するんです。

「プラスチックは有望だ」。

当時の産業情勢を映したものとも、便利だが空虚な米国社会の隠喩とも言われている。

同じころ、日本のSF作家、小松左京氏が短編「模型の時代」を発表しています。家もビルも車もすべてプラスティックで作られる未来社会を描きました。金属や木で作られた家電や家具がプラスチックに置き換わっていた当時の空気が垣間見えます。

既にレジ袋の削減に取り組んでいる企業は多い
●価格や還元額と辞退率の関係
*:ポイント付与を希望しなかった場合を除く。辞退率の算定時期は各社の最新調査

 

 

プらゴミの海洋流出元は東・東南アジアが多い。

 

陸上から海洋に流出したプラゴミ量ランキング

1位 中国     132~353万トン

2位 インドネシア 48~129万トン

3位 フィリピン  28~7万トン

4位 ベトナム   28~73万トン

5位 スリランカ  24~64万トン

        ・

        ・

 

20位 アメリカ 4~11万トン

        ・

        ・

 

 

30位 日本  2~6万トン

 

戦後の繁栄の中、安く軽く丈夫で自由な形を作れるプラスチック製品が大量に生産され、捨てられ、世界の海に広がり、今人々に牙をむき始めてきたといえます。このままだと海洋プラゴミの総量は、遠からず魚の総量を上回るそうです。

私たちの消費生活は今後、大きく変わらざるをえないでしょう。

レジ袋はその一端にすぎません。

お名前.com

yasuhirokamei0912.hatenablog.com

yasuhirokamei0912.hatenablog.com

 

yasuhirokamei0912.hatenablog.com

ハイパーハードボイルドグルメリポートの感想

f:id:yasuhirokamei0912:20190716170155j:plain


f:id:yasuhirokamei0912:20190715225151j:plain


ウルトラハイパーハドボイルドグルメリポートとうい番組を見た。あまりのショックに気分が悪くなりました。世界にはこんなにひどい環境があるのかとつくづく思いました。

 

 

政府のゴミ問題で、政府はプラゴミによる海洋汚染の深刻化を受けて、プラゴミ対策に乗り出すそうです。地殻数値目標を盛り込んだ対策をまとめる方針というが、いかにも重い腰をあげるという印象を受ける。プラゴミとは弁当容器、ペットボトル、食品トレー、レジ袋といった使い捨ての容器や包装のこと。国内では毎日1家庭から1kgのプラゴミが発生している。これらはリサイクルされてら問題はない。

 

しかし、リサイクルされずに投棄されたものが海に漂い、それを魚たちが食べてしまう。そんな有害物質が体内にある魚を人間が食べてしまい、とんでもない影響を及ぼしている。世界中でプラゴミの規制が進む中、規制がない日本に対して批判が強まっていた。問題この、健康被害を考えたら中途半端な対策では済まされないのだが、政府も重い腰なら国民の関心も高くない。

 

誰もがスーパーやコンビニで当然のようにもらうレジ袋今は、ところによっては有料化になっているが。日本人1人平均年間300枚貰っている。このレジ袋を削減を推進しようという動きがじつは一部小売店で10年以上前から始まっているのだが、今環境省が小売店で配布されているレジ袋の有料化を義務づける方針。レジ袋1枚当り数円の支払い負担を消費者に求めることを想定している。

 

全国の小売店が有料化するとどのような効果があるのか。実際、全てに有料化しているスーパーに調べてみた。

そのスーパーは関西の地場では上位に位置する規模。ここではレジ袋が1枚2円する。店舗内には”地球環境保護のためレジ袋削減に協力を”と書かれた大きなポスターがあちこちにはられている。

 

では、レジ袋をどれほどのお客様が辞退しているのか。140名のお客をチェックしたところ、辞退したのは74名購入したのは66名と、辞退派がやや多い程度。レジ係りがすべてのお客様に「レジ袋を用意してもよろしいでしょうか、有料ですけど」と声をかけていたにも関わらず4割以上の人がレジ袋を買ったのだ。その中には、買った商品を入れるのに十分大きなバッグを持っている人や、ジュースを1本だけ買っただけで、明らかにレジ袋は不要と思われる人も見かけました。

 

ここから見えてきたのは、プラゴミ削減に対して何の関心もない人々が一定の割合で存在すること。地球環境保護うんぬんとのアナウンスが届いていない」のか、その意味さ理解できないのか。さらにいえば2円とうい値段が効果を中途半端にさせている。いっとのこと50円ぐらいにせねば効果は現れにくいのだろう。世界の国々では使い捨てプラスチック製品の製造そのものを禁止したり、レジ袋に課税したりして抑制の効果をあげている。

これに見習わなければならないのだが、日本のプラゴミ事情はタバコ同様世界基準から、はるかに遠く離れた位置にある。

こまったものだ。

 

世界にはまともに食べられない人が大勢いるのに、一方では環境有害物を金をかけてでもじゃんじゃん出す国がとは。

 

 

wpX(ダブリューピーエックス)

お名前.com

yasuhirokamei0912.hatenablog.com